リモートワイプとは?

Posted on 5月 16, 2018 by admin | 未分類

リモートワイプとはスマートフォンなどの携帯電話やノートパソコンなどが保持しているデータ端末を、遠隔地から通信回線経由で消去したり、無効化したりする操作のことを言います。
企業でモバイルデバイス端末を導入する場合、mdmなどの管理ツールで一元管理することでセキュリティ強化をはかっています。
このmdmのセキュリティ強化の機能の1つが、リモートワイプです。
ワイプとはふく、ぬぐうといった意味があり、スマートフォンの遠隔データ消去機能のことを指す用語でした。
このリモートワイプ機能があることで、モバイルデバイス端末の紛失、盗難による情報漏えいリスクを防ぐことができます。
リモートワイプには、3つの要素があり、モバイルデバイス端末側ソフトウェア、サーバー側ソフトウェア、通信回線があります。
この3つの要素で構成されたリモートワイプは、それぞれmdmのメーカーによって、指示の反映寳保、ワイプの内容などは多少異なってきます。

Comments (0)