Bring your own deviceとは?

Posted on 4月 17, 2018 by admin | 未分類

Bring your own deviceという言葉を聞いたことがありますか?
Bring your own deviceとはbyodのことであり、近年増えています。
Bring your own deviceを直訳すると「あなた自身のデバイスを持ち込む」という意味になりますが、企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を配布するのではなく、個人がもともと所有しているモバイルデバイス端末を仕事でも使うことを言います。企業からはスマートデバイス端末を配布する手間がなくなりますし、従業員側からするとスマホやタブレットなどの2台持ちをしなくてよくなるので携帯性にも優れます。
しかしBring your own deviceを実現するにはいくつかの課題が生じてきます。
個人利用用途と仕事用途を分けるにはどうすればよいのかという点もきちんと決まりを作る必要があるでしょう。またアクセス方法もなども検討する必要があります。Bring your own deviceは便利である反面リスクも高いので、mdmツールでしっかりと一元管理をする必要があるのです。Bring Your Own Device

Comments (0)

国内外にある50以上のmdm製品の比較

Posted on 4月 7, 2018 by admin | 未分類

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業で導入する場合、mdmシステムツールによる一括管理が重要になってきます。
このmdmツールは国内、海外それぞれたくさんのメーカーから登場しており、それぞれのmdmは機能や利用料が異なるため、それぞれの特徴をしっかりと把握して、企業に何が必要かを考えながら製品を比較して決める必要があります。
スマートデバイス端末導入の際には、同時導入が必須ともいえるmdmは最適なmdm製品を選ばなければきちんとした管理をすることはできません。
スマートフォンやタブレットなどを企業で導入する時には、情報流出やコンプライアンスを考えるとセキュリティ対策と資産管理をきちんと行えるようにmdmを導入する必要性が出てきます。
Mdm製品は国内外に50製品以上あるため、最適なmdmを選ぶことが求められてきます。
トレンドを反映している機能面が充実したmdm製品を選んでスマートデバイス端末の管理が行えるようにしましょう。mdm 比較

Comments (0)

強力なリモートワイプ機能

Posted on 3月 28, 2018 by admin | 未分類

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末をビジネスに活用するために企業で導入する時には、管理ツールとしてmdmツールも利用する必要があります。Mdmツールは、セキュリティ対策、資産管理においてスマートデバイス端末を一元管理するために欠かせません。
Mdmツールはそれぞれのmdm製品によって機能面が若干異なりますが、リモートロックやリモートワイプは必ずついている基本的な機能となります。リモートロックは遠隔地からでもスマートデバイス端末をロックできる機能なので、もしもスマートデバイス端末を紛失してしまったり、盗難されたりした時に、第3者の手に渡ったとしても操作がロックされているので使用できなくしてくれます。またリモートワイプはリモートロックよりもさらに強力な機能であり、遠隔操作でスマートデバイス端末を初期化したり、データを削除したりする機能になります。初期化してしまえば、スマートデバイス端末内の情報は全てなくなるので、外部への情報漏えいを防ぐことができます。リモートワイプ

Comments (0)

端末紛失時の基本的機能となるmdmのリモートロックとリモートワイプ

Posted on 3月 18, 2018 by admin | 未分類

企業でmdmツールによるスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の管理を行う場合、スマートデバイス端末紛失時の対策としてmdmツールを活用している企業が多いでしょう。
スマートデバイス端末紛失時の対策となるリモートワイプ、リモートロック機能は基本的なmdmの機能となります。
リモートワイプは遠隔からスマートフォンやタブレットなどの端末の初期化が可能となります。リモートワイプ操作をすれば、スマートフォンやタブレットは工場出荷状態へリセットされるので、情報が外部に漏れ出る恐れもなくなるのです。
リモートロックは遠隔からスマートデバイス端末のロックが可能な機能になります。iOSのスマートデバイス端末はスリープ状態への暗転となります。つまりスクリーンロックできるのです。
その他、ロック時にメッセージを表示し、紛失してしまったスマートデバイス端末を拾った人に対して、、回収メッセージを表示することも可能になっています。端末のリモートスワイプ、リモートロック

Comments (0)

mdmに求められるもの

Posted on 2月 25, 2018 by admin | 未分類

企業でスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入した場合、業務により深くかかわってきます。そこでスマートデバイス端末のセキュリティ面でもしっかりと気を付ける必要があるのです。
タブレットやスマートフォンや持ち運びができるのでどうしても紛失リスクが高くなっています。外出先でタブレットを使用する場合にはmdmによる一元管理が重要になってきます。日本の企業はセキュリティに関して意識が高いのでスマートデバイス端末を導入する時にはmdmも一緒に導入するという企業が非常に多いです。
さらにmdmツールはセキュリティ面以外に管理という使い方ができるので需要が伸びています。運用管理としての需要が高くなっているmdmは、単なるセキュリティだけではなく、どれだけ運用のサポートができるのか?がmdmとしての機能としても大切になってきています。
企業にあったmdm機能を持った製品を導入するのが重要になってくるでしょう。参照URL

Comments (0)

独自セキュリティ機能を持つmdm

Posted on 2月 15, 2018 by admin | 未分類

Mdm製品の中にはスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を円滑に利用するために高いセキュリティ機能を搭載したものも数多く登場しています。高いセキュリティで管理することによって離脱や不正改造などを未然に防止することができます。
例えばmdmプロファイルの削除防止という機能があるmdmツールであれば、スマートデバイス端末利用者によるmdmプロファイルの削除を防止することができます。つまりmdm管理下からの離脱を未然に防止することができるのです。
SIM抜き取り、交換時にスマートデバイス端末を強制ロックする機能があるmdmであれば、端末情報取得機能を実行することによって、Jailbreakされているかどうかを検知することができます。
タスクキルアプリを自動探知する機能がついたmdmであれば、タスクキルアプリを自動探知して自動終了させることが可能です。
このようにmdm製品によって、たくさんの機能がついているので、どのような機能がついたmdmを選ぶのがよいのか、自分たちの企業にはどの製品がよいのかを良く見極めて選ぶ必要があります。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Comments (0)

mdmは何を基準に選ぶべき?!

Posted on 2月 5, 2018 by admin | 未分類

国内には主要なmdm製品がいくつもあります。それぞれ機能や価格面があり、それぞれのmdmツールに特徴があります。Mdm選定をする時には価格や特徴などをしっかりと踏まえた上でmdmツールを選定する必要があるでしょう。
例えばリモートロックや初期化、機能制限などスマートデバイス管理の基本的な機能はappleやGoogleが公開している開発ソースを元に作られていますので、機能面においてはそれほどmdmメーカーによって差が生じるということはないでしょう。価格も端末1台あたり、月額で300円程度に標準化されつつあるので、価格面においてもそれほど差がないように感じます。ではそれ以外でどの部分でmdmの選定をしていけばよいのでしょうか?
それは付加機能の充実さ、ユーザビリティなどでmdmを選定していくのがよいのです。それぞれの企業によってmdmツールに求めるものは違ってきます。どのような機能が必要ななのか?使い勝手はどうなのか?などをしっかりと見定めてmdmツールを選んでいく必要があります。MDMの選び方のポイント

Comments (0)

盗難された時の安全策もばっちりのmdm

Posted on 11月 3, 2017 by admin | 未分類

スマートフォンやタブレット端末は外出先でも仕事ができるため、ビジネス業界においてビジネスの効率を高めるために欠かせないツールとなっています。現在では多くの企業がスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入しており、それに伴いmdmツールによる一元管理も行われています。Mdmツールでの管理を行わなければ、管理者が全てのスマートデバイスを一括して管理しなければなりません。データの更新や削除、アプリケーションの導入など管理者だけで全てを管理するのは不可能です。そこでmdmツールが必要となってくるわけです。Mdmには回収(取り戻し)サービスがあるものもあります。スマートフォンやタブレットは便利な反面、紛失や盗難などの危険性が高いです。もしもスマートデバイスが盗まれてしまうと、デバイス内の情報が外部に漏れてしまう可能性があるので気を付けなければなりません。Mdmの回収サービスでは盗まれたスマートデバイスの利用者、場所を特定して、警察と協力をしながら取り戻すサポートをしてくれます。MDM

Comments (0)

世界で使用されるmdmもある

Posted on 10月 24, 2017 by admin | 未分類

Mdm製品の中には国内にとどまらず、海外での導入実績を誇るツールもたくさん登場しています。中には世界170ケ国15000社での導入実績を誇るmdmもあるのです。
Mdmではロックやワイプ、データ漏えい防止、フィッシング防止などのセキュリティの確保と、端末のリモートコントロールやアプリケーションの配信・更新、ファイルの同期、グループウェアとの連携、専用端末化、位置情報の把握など業務端末運用の効率化を実現したものもたくさん出ています。
またiOSやWindows、androidなどマルチプラットフォームでの実現を可能にしたmdmも多いです。さらにはapple社が提供するVPPやDEP、Google社の提供するandroid for WorkやSamsung社の提供するKNOXなど、新しいサービスへもいち早く対応してくれているので、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの機種変更を行った場合でも、すぐにマルチに対応することができるのです。
Mdm管理を行うことで、管理担当者は階層型グループ、端末ごとの管理が可能になります。MDM

Comments (0)

情報漏えいリスクを回避できるmdm

Posted on 9月 4, 2017 by admin | 未分類

スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスの企業への導入が急増しているという現状があります。スマートフォンやタブレットは持ち運びが非常に便利であり、パソコンと同じ高性能である機種も多いです。さらに社外にいてもインターネットにいつでもどこでも接続することができるので業務を効率的に行えると、便利さがウリになっています。しかしスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスの利用が進めば進むほど、情報漏えいのセキュリティの危険性が増加するという懸念があります。紛失や盗難に気を付けるようにと従業員に口頭で注意したとしてもミスを犯してしまうケースは絶対にあるでしょう。そこでmdmツールを利用することによって万が一に備えた対策が必要になってくるのです。Mdmは万が一に備えた対策には欠かせない一括管理の機能システムであり、モバイルデバイス端末の管理を行うシステムツールのことをいいます。Mdmは様々なメーカーから開発されており、mdmという名前は同じであってもその機能は異なってきます。MDMのリモートロックとワイプについての基本

Comments (0)

Newer Posts »